TOP
メニューご案内 料金のご案内 プロフィール 体験者の声 よくあるご質問
場所とお問い合わせ先

     




セラピストになるまでの経緯

私がセラピストという仕事を始めるまでには、かなりの年月がかかりました。

けれどもそれは、ここに至るまでには必要な時間だったのです。

このページでは、いわば私の「自分を探す旅」の経過を、順を追って綴ってみたいと思います。


大学時代

 
私は元々、人の心とか気持ちに関心の強い方でした。また自分自身についても

どういう人間なのか知りたいという思いがずっとありました。高三で進路を決める時になり、

大学で心理学を学んでみたいと思いました。保母(現在の保育士)をしていた母が

以前カウンセリングの勉強をしていたことがあり、心理学という学問があることは知っていて、

とても惹かれるものがあったからです。




 
そして4年間、臨床心理学、社会心理学、教育心理学等を勉強し、

実際に役立てる道はないかと、心理関係の仕事を探しました。けれどもその当時は、

公務員になり家庭裁判所や児童相談所などに勤務するという道しか見つかりませんでした。

それで公務員試験も受験しましたが、狭き門であったことや、まだ本当に自分が

その方面の仕事がしたいのかどうかもあいまいであり、一般企業へのあこがれもあって、

ある企業に就職する道を選びました。





生命保険会社に就職

 
縁あって、某生命保険会社に入社することになりました。

金融、保険そのものには あまり関心のない私ではありましたが 社風がよく、

長く続けられそうな会社であるということと、人と接する仕事だという点が魅力でした。

それから、約11年間、主に営業部門の仕事に携わることになりました。




仕事を通じての発見


 
様々な苦労や悩みがあったにもかかわらず、なぜ10年以上も勤め続けたのだろうか

と振り返ると、営業の仕事がおもしろかったことが大きいと思います。

まず営業とは、人と直接かかわる仕事であり、特に保険というのは目に見える商品では

ないので、なおさら人と人との関係が重要になってきます。

人との出会いを楽しみ、人とかかわることが好きな私には、そういう点で合っていたのでしょう。



 
また、営業という仕事をしていくうちに、新しい発見がいろいろとあったというのも興味深いことでした。

例えば、自分には意外な粘り強さがあることや、お客様と接する時に、

好き嫌いなく幅広い年齢層の方々と親しめるということ、

思っていたよりも積極的で行動的であること、新しいアイディアなどが浮かび、実行できるということ……。


 実際、入社時には営業という仕事をやっていけるのかどうか不安でしたが、

やっていくうちに、意外と向いているのではないかと感じるまでになっていったのです。



また営業以外の面では、社内でキャッチコピーや商品名などが 公募されると、

応募して入選したこともあり、驚きました。



 
今まで知らなかった自分を知るという体験は感動的なものです。

私は仕事を通してそれを感じることができたのでした。







天職へのあこがれと迷い

 
ところが一方、心のどこかで、これは本当に自分のやりたい仕事ではないと

悩み続けても いました。 やはり金融にあまり興味がない私は、だんだんと疲れを

感じ始めていたのです。何度も辞めようかと考えましたが、次にやりたいこと、

できることが見つからない間は辞められないと思い込んでいました。

天職を探す迷路を、私はずっとさまよい続けていたのです。



 その頃の私は天職を求めて、いろいろなところに出入りしていました。

自己啓発セミナーに参加したり、成功哲学を学んだり、カウンセリングの勉強もしました。

セミナーや講演会にも、かなりの数のものに参加しました。

何か自分のアイディアを活かせる仕事ができないかと、女性起業家セミナーにも出かけて

行きました。占いにも凝って、本で調べたり、占い師にみてもらったり。

思い付く限りのあらゆるものに当たってみました。

 もっと自分を知るために、これが天職だ! と思えるものに出会うために、必死だったのです。

 天職という言葉の響きにあこがれ、天職と思える仕事をしている人の話を聞いては、

 
うらやましがっていました。
 


そんな頃、あるヒーラー(癒し人)に出会い、セッションを受けたり、話したりするうちに、

ただやみくもに探していても、頭で考えていても、見つからないのかもしれない

と思うようになりました。

 
まず自分を癒すこと、そうすると自然にやりたいことや、本来の自分が見えてくると……。



 
それからは、どちらかというと、自分を癒すこと、自分が心地いいと感じることを

 するようになっていきました。

 
例えば、ヨガや瞑想を体験したり、ヒーリングやマッサージも積極的に受けてみました。

 自然とふれあったり、趣味を楽しんだり……。

 そうしていくうちに、私は少しずつ内側から変わり始めてきたのかもしれません。




会社での新しいチャレンジ

 
いつしか私の中で、営業以外に会社でやってみたいことが生まれてきていました。

人と接するのは、営業でお客様と接することばかりではありません。

社内にはたくさんの人たちがいるのです。私は会社でともに働く人々にも、

とても関心がありました。いろいろな部署で様々な人たちと関わっていく中で、

考えさせられることが多かったのです。


例えば、まずハードワークで疲れている人が多いのが気になりました。

疲れていては、その人の持つ能力や才能が十分に発揮されません。

 また、能力はあるのに、向かない仕事を担当しているために、力が生かされず、

悩んでいる人、そしてそのことに気づいてもいないと思われる人もたくさんいました。

あるいは、それぞれの人たちやグループは一生懸命働いているのに、うまく意志の疎通が

とれないために、誤解が生じて、全体としてはうまく仕事が進んでいなかったり……。


 そういった人たちや状況を見るにつけ、何とかならないのか、うまくいく方法はないのだろうか

と考えるようになっていきました。私自身が一社員として働いていく中で感じていることとも

合わせて、どうすれば、楽しく仕事ができるのか、会社が活性化するのか……

そんなことが興味の対象になっていったのです。



 
自分の身近で働く人に、よりよい状態になってほしいという思いとともに、

愛社精神が強かった私は、会社にもさらによくなっていってほしいと思いました。


 それで、「元気な会社になるために」と題して提案したのが、

社内にカウンセリングルーム、ヒーリングルームを作ろうというものでした。

私も含めて、人はそういう場を求めていると思ったのです。

実際に、本社や支社の人たちにアンケートを求めたところ、そういった場所があればいい

という意見が多数でした。


 
社員が少し休息し、復活すれば、仕事の効率も上がり創造性も増し、

結果的には会社の利益にもつながると考えました。


 「企業は人なり」という言葉もありますが、社員ひとりひとりを活かせてこそ、

会社全体も活きてくるのだと私は思います。



 そういう仕事にいつか携われるようにと、私はカウンセリングの勉強をして資格を取ったり、

ヒーリング(癒し)について学んだりということを続けていました。

その夢が会社時代後半の私を支えていたのかもしれません。



 けれども、バブルも崩壊し、会社はだんだんと余裕がなくなっていきました。

そのため、5年ほど提案し続けたのですが、結局採用されることはありませんでした……。






退職の予感

 
なぜ会社を辞めたのですか? とよく聞かれます。

この不景気な時に、長く勤めていた会社をなぜ? と。

 一言で言うと、「この会社で私のやりたいことはもうない」と思えたからです。

上記の提案の他にも、いくつか提案していた事柄はあったのですが、生き残りをかけて、

経費節減を重視する会社には、ことごとく却下されました。

会社の進んでいく方向と、自分の考え方が違ってきていることを思い知らされ、

寂しくもありましたが、どこかで仕方のないことだとも感じていました。



 
私は仕事に対して非常に思い入れが強く、仕事は私にとって特別な意味を持つもの

であったので、自分がやる気をもって仕事に取り組めるかどうかはとても重要なことでした。 

数々の提案をしてきたのも、自分自身も生き生きとやる気をもって働きたい

という思いがあったからだと思います。




象徴的な夢


 
もうこのまま働き続けることは難しいと思っていたある日、ひとつの夢を見ました。

  ──私はどこか目的地があって、バスに乗ってそこへ向かっている。

ところが、ふと、このバスに乗っていていいのかなぁと思い、ある場所で降りてみた。

風景は田舎の山の中といった感じ。

 
待合室にいる女性ふたりに聞こうと思うが、話をしていて私に気づいてくれない。

案内係のおじさんがいたので聞くと、別の路線のバスに乗り換えないと、

そこには行けないと言われる。やっぱりそうだったんだ、降りてよかったと私は思っている。

 道の向こう側のバス停に行くと、さきほどいたふたりの女性もこっちかなと言って

私の後ろに並んだ。──   という夢でした。




 
とても短かったのですが、印象的な夢でした。

この夢が本当は何を意味しているのかはわかりませんが、私には、

今の道ではあなたの行きたい方へは行けませんよと言われている気がしたのです。

   
 
そんな頃、私はたまたまヒプノセラピスト養成スクールのことを知ったのです。




ヒプノセラピーとの出会い

 
ある日、何気なく見ていた冊子に、ヒプノセラピスト養成スクールのことが載っていました。

 
私はそれまで、催眠についてはあまり知りませんでしたし、それほど興味がある方でも

ありませんでした。 ただ、そこに書いてあったカリキュラムを見て、惹かれるものがあったのです。


 過去のトラウマを癒す年齢退行催眠とか、

以前本で読んで、一、二度体験したことのあった前世療法などもコースに含まれていました。

 また最新の心理学的、医学的な内容もあり、おもしろそうだと思いました。


 それで説明会に行ってみたのですが、そこで聞いた顕在意識と潜在意識の話に、

感動を覚えて、このスクールを受けてみようと決めたのでした。





ヒプノセラピーのニーズの大きさ

 
ちょうど私がセラピストの資格を取った頃身近な人たちの中からヒプノ セラピー を

受けたいと言われることが多くなってきました。そうして、頼まれた人たちのセラ ピーを

引き受けるようになっていくうちに、私はいくつかのことに気づいていきました。



ひとつには、身近な人たちだけでも、こんなにヒプノセラピーを必要として、

受けたいと思っているのだということ。私が少しでも役に立てるなら、

本気で仕事としてやってみたいという気持ちになりました。


そしてもうひとつには、セラピーをしていくことで、私自身、学ぶことがとても多いということ。


会社で仕事をする中でいろいろな自分を見つけたように、セラピーを していく中で、

もっとまだ知らない自分に出会えるかも しれない……そんな予感がしました。



 
ヒプノセラピーとタイミングよく出会えたことで、私の学生時代からの思いと

会社時代の夢がひとつにつながったのです。




セラピストとして

 
このような経過を経て、セラピストになったので、会社では実現できなかった

カウンセリングルームやヒーリングルーム、元気になれる部屋……を

私のセラピールームでやっていければとも思っています。


 ここに来れば、楽になれて、何だか元気が出てくる……そんな場所にできればと願いつつ、

仕事に取り組んでいます。そしてありがたいことに実際にセラピーを受けに来て下さった人たちは、

その後元気になられたり、調子がよくなったりされていることが多いようです。

これも潜在意識のなせる技かと嬉しく思っています。



 私はこれまで、いろいろなところで、多くの人々に助けられ、支えられて、

ここまで生きてこられたと思います。

 それはもちろん身近にいる人たちでもあるのですが、時には、例えば、

相談にのってくれたカウンセラーやセラピスト、 ヒーラーであったり、

よきアドバイスをしてくれた占い師でもあったり……。




 
私も今、そういう中のひとりになれれば嬉しいと思っています。

私は人がその人らしく、生き生きと生きているのを見るのがとても好きです。

人は本当の自分を生きている時、輝いています。

 ですから、そういう風に生きたいと思っている方のお手伝いができれば幸せです。

 もちろん私自身もそういう生き方ができればと願っています。


*長くなりましたが、最後まで読んで下さって

ありがとうございます。



このページのトップへ


TOP
メニューご案内 料金のご案内 プロフィール 体験者の声 よくあるご質問
場所とお問い合わせ先