TOP
メニューご案内 料金のご案内 プロフィール 体験者の声 よくあるご質問
場所とお問い合わせ先

     



体験者の声


ヒプノセラピー体験者より


多田先生、先日はヒプノをして頂きありがとうございました。

私は、ヒプノを受ける前日までとても情緒不安定な日々を送っていました。

結婚して、こどもも産まれて幸せなはずなのに、幸せがいつか無くなってしまうのではないかという不安がありました

専業主婦の自分を申し訳なく思い、自分の存在意義が見つけられず、自分は要らない存在だと思ってしまい苦しんでいました。

この得体のしれない苦しみから解放されたくてヒプノを受けようと思いました。

でも、自分では得体が分からない不安なので、どんな風に誘導してもらったら良いのだろう?

こんな分からないままヒプノを受けて効果はあるのだろうか?と迷っていました。

けれど、潜在意識に任せて今必要な所に行くという風に誘導してもらえたので良かったです。


潜在意識に任せていると、いきなり胎児期に出て、その後幼児期に行きました。

どうやら私は、母が辛そうな毎日を送っていたので、結婚生活=辛く苦しいものと思っていたようです。

イメージの中で母を癒してあげるように誘導して頂いたことで私もすごく癒された感じがしました。

母が幸せそうに笑う姿を見たことで、ヒプノの後は、結婚生活へのマイナスイメージはかなり減りました。

不安になることがなくなりました。


幼児期の後、突然前世に出ました。

その前世はかなり過酷なものでした。

父親から「金の稼げない女のお前なんか要らない!」と虐待を受けていたのです。

催眠から目覚めてから気付きました。

どうして専業主婦の自分を申し訳なく要らない存在に感じるのか。

理由が分かると、不思議と今までのような不安や苦しみを感じなくなりました。

私は今、幸せなんだと実感しました。

とても満たされた気分で毎日を送ることができるようになりました。



ヒプノを受けてから、あの情緒不安定な日々が嘘みたいに安定しています。

本当に受けて良かったです。

辛い過去や過酷な前世を見ましたが、先生がしっかり寄り添ってくれたので不安なく乗り越えることができました。

本当にありがとうございました。

前世の私からの「今まで苦しいことがたくさんあったけど、これから幸せになれるよ。

幸せになれることを信じて笑顔で毎日を過ごして!」

という、今の私へのメッセージを胸に、これから前向きに笑顔で生きていきたいと思います。 
      (30代 女性)







ヒプノセラピー(インナーチャイルドセッション)体験者  (その方のブログより)


少し前のコトですが、とあるセラピストの方の「インナーチャイルドの癒し」を受けてきました。

「インナーチャイルドの癒し」とは、幼少期に親との間で受けた、今も潜在意識に残る心の傷を癒すためのセラピーです。

私は、実は、かなり自己否定感が強いのですが・・・(恥)、それは、幼少期の親との関係からインナーチャイルドが

傷ついていることが原因である・・・とのメッセージを、いろんな方から頂いていました。

それでも、そんな自分の悲しい過去と向き合うことが怖くて、本能的に避けてきたのですが、自分がクリアーな状態になければ、

人様をヒーリングする資格すらないということに気づき、意を決して自分の過去と向き合うことにしました。


ついに、「インナーチャイルドの癒し」が始まりました。。。

セラピストの方の誘導で催眠状態になり、人間の90%を占めるといわれる潜在意識に直接アクセスできる状態が整いました。


そして、セラピストの方が 「今、あなたの目の前にインナーチャイルドがいます!!」そう言われました。

目を閉じて催眠状態にある私には、はっきりした映像は見えませんでした。


しかし、その瞬間、私の目の前には、人型のエネルギーのような存在がいることを確かに感じました。。。

そして、「その存在」は両手を広げ、まるで私に抱き付くように、私に折り重なり

私の身体の内に溶け込み私と一体化したように感じました・・・。


「その存在」と私が一体化した瞬間、とても懐かしい感じがし、この上ない安心感に包まれました。

それと同時に、『戻ってきてくれて本当にありがとう。これまで、ずっと無視してきて、本当に申し訳なかった・・・。』

との感情がこみ上げ、思わす涙が出そうになりました。


これまでの私は、『自分の感情という自分の大切な一部をずっと無視して生きてきたのだなぁ〜。

そして、私と一体化した「その存在」は、きっと私に無視され続けてきた感情だったのだ!!』

そう確信しました。


「インナーチャイルドの癒し」が終わった後の帰り道、最寄り駅の改札前に、ベビーカステラを焼く屋台が出ていました。

砂糖とバターが焦げる、甘〜い匂いがします。

普段から間食をしない私は、そのまま通り過ぎようとしましたが、

その瞬間、私の身体の内のインナーチャイルドが「食べたいっ!!」と言ったのが、はっきりわかりました。


インナーチャイルドとの仲直りのしるしにベビーカステラを一袋買って、食べながら帰りました。

これからも、 自分の身体の内の声(=感情)に耳をすまし、その声を大切にして生きていきたいと思います。


ーベビーカステラが、何だかとても美味しく感じた男より(笑)ー      (40代 男性)





ヒプノセラピー(インナーチャイルドセッション)体験者より


多田先生の心地よい誘導と心地よい音楽にのせて私自身がリラックスして受けることができました。

私は普段から緊張しやすくなかなかリラックスがうまくできません。

ましてや、一つの空間で先生と二人っきりになりインナーチャイルドに会いに行くなど、とうてい無理な話と半ば諦めていました。

しかし、多田先生はそんな私の緊張の壁を見事に外して下さり、インナーチャイルドのいる世界へと導いて下さいました。

多田先生の気さくなお人柄と安心して身を任せて大丈夫という安心感の空間を先生は提供して下さいました。

無事インナーチャイルドに会うことができ、意外なインナーチャイルドのキャラに笑いあり、涙ありでなんだか絵本の世界に

ひょんと入らせてもらったようなおもしろいファンタジーな経験をさせてもらいました。

そのなかで、ライオンがインナーチャイルドと一緒にでてくるのですが、後日ミラクルがおこりました。

私が現実生活でゴーヤ料理を作るとき、ゴーヤを切ったら切り口がライオンだったのです。

しかも、インナーチャイルドと一緒にでてきたライオンそっくりなのです。おもしろかったので写メを添付しておきますね(笑)


多田先生のおかげで、今はインナーチャイルドの声を聞きながら幸せな日常生活を送ってます。

すべての経験には意味がある、インナーチャイルドセッションはそんな大切なことを教えてくれました。

多田先生本当にありがとうございますm(__)m    (30代 女性)







ヒプノセラピー体験者より


先日はありがとうございました。ヒプノの前世療法は初めてで、興味深く受けさせていただきました。

「今知る必要のある前世へ行きます」という限定とか、細やかに安全柵がついてるな〜と思いました。

私は、その前世では、他の星から来た調査員みたいな感じで、一人乗りの着陸船で山の中に降りて

そこで一生暮らしたようでした。

山の上の方にある小さな洞窟みたいな所に行くとある時刻になると光がさして、それを眉間に受けると通信になって

私から地球のデータが送信されるみたいなんです。

音声通話ではないので会話は全然できなくて、私はただ光を眉間に受けてエネルギーを感じているだけで、

孤独と言えば孤独です。

今人と関わる仕事をしているのは、その時にそれを願ったからかもしれないと思いました。


内容の記録をいただいたので、それを友達にシェアしたら、いろいろシンクロがあってびっくりしたというメールをもらいました。

SFや宇宙人ものの本を読みすぎて影響受けたのかな〜と半分思っていましたが、そのメールをもらって、

ほんとにこういうこともあるかも〜〜!!と思えてきました。



眉間に光を受けた時や、宇宙船が着地した時の衝撃が体感としてはっきりあったのもびっくりでした。

最後にその世の自分をレトリーバルできたのも良かったです。

貴重な経験をありがとうございましたm(_ _)m。              (50代 女性)






ヒプノセラピー(前世療法)体験者より[一部抜粋]

今日はどうもありがとうございました。おかげさまで十分にリラックスして貴重な体験ができ、

とても有意義な時間が過ごせたと思います。出てきた過去が本当に前世なのか、自分の空想なのか、

自分では催眠に入っていたという明確な自覚がないだけに、?な部分もありますが、

目の前に浮かび上がった情景は空想というにはあまりにも自然に出てきたものでした。

この体験は、この先も自分について、人生について、考えたり学んだりしていく上でのきっかけのひとつに

なったと思います。本当にありがとうございました。
(30代 女性 会社員)



ヒプノセラピー(年齢退行催眠)体験者より[一部抜粋]

今日は、どうもありがとうございました。自分自身を振り返るいいきっかけになったと思います。

と同時に、自分の潜在意識の中にある記憶や想いが今の自分にかなりの影響を与えている

ことがわかりました。苦手意識のしっぽをちょっとつかんだ、という感じです。ありがとうございました。

それにしても、あのリラックス感はとても気持ちがよかったです。不思議な時間というか・・・。

またお世話になります。
(30代 男性 会社員)

ヒプノセラピー(年齢退行催眠)体験者より[一部抜粋]

先日はありがとうございました。あの体験は私にとって一生忘れられない出来事になりました。

体中にはりついていた重たい荷物が取れた感じです。時々、不安になる時もあるのですが、

自然と多田さんと亡き父の言葉が頭の中?心の中?に浮かび安心するという様子です。

本当にびっくりです。また、私の心の見えない部分にあえたらと思います。

なんかこの開放感は、くせになりそうです。その時はまたお願いします。
(30代 女性 主婦)





   リラクゼーションコース体験者より

    私は知り合いの紹介で「多田メンタルサポート」の存在を知りました。普段仕事でのイライラを感じること

   が時折あるので、リラクゼーションコースに興味を持ち、一度受けてみることにしました。セラピストの方が

   非常に親しみやすい方で、リラクゼーション体験前にお話しているだけで、すでにかなりリラックスしている

   自分に気がつきました。それで催眠にはすんなり入ることができた次第です。

   リラクゼーションコースでは、日常ではとてもできないようなことを、催眠状態の中で自分の意志で自由に

   体験できて大変おもしろかったです。具体的には、気球に乗って大きく広がる海の上を飛んでいる感覚を

   楽しめました。本当の意味で 「リラックスする」という状態は、日常生活を離れた「温泉に入る」とか「きれい

   な景色を見る」というようなことでしかできない、と思っていましたが、それと同じくらいのことが街中の一室

   でもできることには驚きました。

   また仕事のストレスがたまった時にはここを訪れようと思います。
(30代 男性 会社員)




   リラクゼーションコース体験者より

     多田さん、先日はありがとうございました。 とても心地良い時間を過ごさせて頂くことができました。

     受けてみて本当に良かったです!

     多田さんの気さくなお人柄もあって、最初からすっかりくつろぎモード になれました。お部屋の雰囲気も、

      「今のこの時間は私のために用意 されているんだな」と思ってしまうぐらい落ち着き感があってとても

     良かったです。

     セッションでは、多田さんの誘導が始まると、それまでの和やかな空気から、さらにリラックスできる空気

     に変わったような感じがしました。

     誘導の声もすごく安心感があり、頭で聴こうとしなくても、まるで私の身体の中に溶け込むように、

     すーっと入ってきてとっても心地よかった です。 気が付けば、自分の世界に入っていて、ワーッと広がる

     気持ちいい感覚をたっぷり堪能できました。催眠中、広がるイメージと、あまりの気持ち良さに、顔が

     自然に笑ってしまったぐらいです。 また、自由になっていく感覚と同時に、何となく『守られている感じ』とは

     こういう感じなのかなとも思いました。 良いタイミングで誘導してくださったので、力が抜けていっても、

     不安とかは全然感じることなく満喫できたように思います。

     今回は、誘導して頂く事の気持ちよさと、リラックスする事がこんなにも 自分の世界を広げてくれるんだ、

     ということを実感できました。 リラックスは本当に大切ですね。忙しさや疲れなどで置いてきぼりに しがちな

     自分の感性までも取り戻せますね。 終わった後には、すっかり肩の力も抜けて、リフレッシュしていることを

     実感できました。

    今回は、本当にありがとうございました。 これからもよろしくお願いいたします。 
(30代 女性 自営業 )



   ヒプノセラピー(前世療法)体験者より[一部抜粋]

   
  土曜日はどうもありがとうございました。その土曜日はいつもの週末と違って何か精神的にゆったりと

     していてよく眠れました。少し気分が違っているようなのです。僕はいつもせかせかしている人間で、

     いわゆる「いらち」な性格なんですが、妙に落ち着いていて、今のところ不思議な気持ちです。

     ちょっといつもの自分と違うので、ペンをとった次第です。
(40代 男性 専門職)






ヒプノセラピー体験者より

ご自身(40代男性)のブログに掲載されたものを体験談として紹介させていただきました。

タイトル  私のヒプノセラピー体験談
 
先日、ヒプノセラピーを受けてきました。
前世療法、退行催眠ともいわれますが
私は前世を観にいくことはできませんでした。
人それぞれ 今必要な事が体験できるようです。
なかには何世代も前の自分と出会う人もいるようです。
私は数日前に体験したことや古くても幼稚園の思い出しか見ることができませんでしたが、
とても意味深い内容でした。 私の将来設計のヒントがたくさんありました。

 
象徴的だったのは海の底にある宝箱
鍵のかかった宝箱で海底の泥に半分うもれていました。
私はその宝箱を開けようとはせずに「そこにあるので安心」
といった感じであまり執着していませんでした。不思議です。
現実の私ならバールでこじ開けようとするのに。

 
セラピストの優しいリードがいいです。
「望んでいる家庭のイメージ」といわれて想い浮かんだのが、食卓です。
テーブルの上にはたくさんのお皿に盛られた料理があります。
テーブルの向こうには後ろ姿の奥さんと小学生くらいの娘がいます。
奥さんは一生懸命料理を作っています。
娘は私と一緒につまみ食いをしています。
楽しく会話しています。
感情はこの家庭を守っていきたいなと感じる。
奥さんのいれるカプチーノを飲んで満足。

 
もっとたくさん見たのですが書くのはこれぐらいにしておきます。
セラピーのあいだ、あっという間に3時間が過ぎました。
リラックスしどこか懐かしいところに行っていた様な感覚です。
 

皆さんも一度受けてみてはいかがですか。
知らない自分と出会うこともありますよ。






ヒプノセラピー体験者より (2回分)

ご自身(30代女性)のHPにヒプノトラベルと題してUPされたものを体験談として掲載せさせていただきました。


「ヒプノ★トラベル」


1年ぐらいに前になるのかなあ?
ヒプノ(催眠)を受けに行ったことがあります。
感想は、体感できる映画を見にきた、みたいな感じでした。
ものすごくリアルに感じられたし、とても面白い体験でした。


最初、薄暗い森で隠れているところから始まりました。
私は、髪の毛がくりくりのくせ毛のギリシャの25才の男の人でした。
古代の彫刻のような格好をしていました(笑)
それで、たいまつを持った大勢の人に探されているようでした。
自分が犯した罪ではない罪から逃げていました。
それでも、つかまるんだな、ととても悲しかったです。


場面は変わって、私は神殿の大きな水瓶みたいなところから
お賽銭(この言い方は違うだろうけど)を
盗っているところにいきました。
でも、そのお金は結構みんな盗っているようで
その罪ではないようです。


そのお金は、自分の好きな女の子にあげました。
同じ街に住んでいる黒髪のとても美人の16〜17歳の女の子に。
その女の子は、そのお金で、髪飾りを買いました。
私は、そのことがものすごく嬉しかったようです。
自分が少しチエ遅れで生まれてきていたので、その女の子と
話ができるだけで幸せ(ぽわわん)でした(笑)


これは、捕まる1年ぐらい前のできごとのようでした。


そこからまた場面が変わりました。
自分の家の中で、ご飯を食べています。
お母さん、弟、そしてまだ小さい妹の4人家族。
私は、書庫の整理のような仕事をしていて、
単純な仕事なのですが、とても満足しています。
お母さんのことがとても大好きだったようです。
(今世ではまだ会っていないようですが)
弟はものすごく野心家で、私のことを馬鹿にしています。
単純な仕事で満足することを、チエ遅れだからだろうって。
シチューみたいな粗末なご飯をみんなで楽しく食べているこのシーンは、
私が20才ぐらいのシーン。



た場面は変わって、自分はもう捕まっていました。
手をつながれて、見せしめのように大勢の前を通って、
遠くの作業所のようなところへいきました。
その大勢の中に、弟が見えました。
どうやら、弟の罪をかぶったようです。
弟が捕まると家族全員が罪になるけど、
自分がやったというと、チエ遅れだから、という理由で
家族はそのまま暮らしていけるようでした。
弟の顔を見たら、ものすごく反省しているようで
残った家族の面倒をきちんと見ていってくれるように思いました。
だから、自分が捕まってよかった、と。


捕まってから、8年ぐらい、石を運ぶような肉体労働をしたようです。
病気になって死にました。
最後は、体が弱って、もう死ぬんだろうなあって思いながら。
つれて来られてから、結構もったなあ、って(笑)
思っていたより辛くなかったなあ、という感想でした。
面倒見のいい仲間(上の人)がいてたので、
こんな自分でもいじめられることもなく、よくしてもらいましたから。



こんな前世でした(爆)
いや、でも、自分的にはものすごく良かったんですよ。


なんていうんだろう?チエ遅れだったからかもしれませんが、
自分が楽しい、ということだけの中にいてられる人生でした。
この人生を振り返ったときに、
楽しかったなあ、と思いましたもん。
人から見たら小さなことだったかもしれないけど、
ものすごく堪能した人生だった。


その人が持っていた才能や能力は?の質問に
「そういうものはもともともっていない。
自分が楽しいことをすること、するだけ。
でもそれが強さでもあるし、
それ以外に何が必要なのかわからない」といってました。


「自分が犠牲になっているようでも、
それを楽しむことができる。
自分は運が良かったのかもしれないけれど。
それはどんな場合でもできる。
あまり望まないこと」ともいってました。



本当に欲のない人だったようで、
自分のできることをよく知っていて、
自分が何をすると幸せなのかもよく理解していて、
その中に常にいるようにする人だったので、
私かよ、マジで?って思っちゃうぐらいに衝撃でした(笑)


他にもらったメッセージは、
「自分が少し変だったけど
そのままでも結構楽しかったから、
(今の私も)そのままでいいんじゃないかなあ。」


あと、あの女の子に会いに行かせたりしました。
ものすごく恥ずかしがっていたので、
物陰から見るだけでしたけど(笑)
あのときの髪飾りが、その女の子の子供のおもちゃに
なっていて、なんだかとても嬉しかったようです(笑)
ただ純粋にその女の子のことが好きだったようです。


あとは、「紙」というものが本当に好きだったようで
捕まったときに、紙を触る仕事ができなくなるのが
ものすごく悲しかったようです。
それは、今、私が物を書くというところにつながっている気がします。



それと、「弟」のことですが、今世で「だんなちゃん」らしいです。
前世の私がいうには、
「彼のことはどうしたらいいのいかわからない。
自分も困っていたから。向うに罪悪感があるから
引きずられているのかな?」と。
なんかこれ、笑えました。
今回のテーマが「だんなちゃんとの関係性」だったから。
それに、よく兄弟に間違われているので。
2人で店をしているのに、
お客さんは兄弟だと思っていた人が多かった。
子供が生まれて、やっと「夫婦やってんね」だって(笑)
あと、私の膝の関節が外れて、夜中に救急車を呼んだときも、
救急隊員に車のなかで、
「で、こちらは弟さんやね。名前は?」って
聞かれていたし(爆)


占いでも、この間、言われたなあ。


でも、このヒプノの体験は、
とても楽しかったです。
あんなに素直に「楽しい」という思いの中に
いられるんだな、って(笑)
あの感覚はちょっと別格でした。



「ヒプノ★トラベル 2」


2度目のヒプノへ、この間いってきました。
今回のテーマは「愛情をもらうことを拒否してしまうのはなぜか?」です。
このところ、人と仲良くなろうとすると、自分のほうが距離をとろうとする、ということに
気がついて、これは「愛情」をもらいたくないと思ってるのでは?と。


前回のヒプノが、うまく入っていけたので、
今回もすぐにリアルに感じることができるかな、と思っていましたが、
今回はヒプノが始まっても、なかなか何も見えなかったです。


それでも、なんとか見えたのが、30歳ぐらいの男の人。
中世のスペインらへんで、スタジアムの地下に
戦う格好をしていました。
ものすごく筋肉がむきむきでした(笑)
でも、何の感情の動きも無く、
どうやら、生まれたときに家がものすごく貧乏で
自分の誕生を誰も喜んでなく、自分も生まれたくなかったようです。
この人は、自分の人生を早く終わらせたいと思っていて、
今、私がこうしてこの人の人生を見ても何も得られない感じでした。


。。。ということで、違う人生に移りました。
今度は、日本でお城の中にいる着物を着たお姫様でした。
でも、また何の感情もありません。お人形さんのように。


そこで、どうして感情がない、ということを見ました。
自分の胸の真ん中あたりに、四角い小さな硬い石がありました。
それで、ロックがかかっているようでした。
このロックは、「約束」でした。
いつの時代か見れなかったけど、幼馴染みのような男の子と
した、約束のようでした。
二人ともまだ子供で、むじゃきで、その約束が
そんなに有効なものだとは思わずにした約束であり、
魔法みたいなものを使ったようでした。
2人の間に愛情があるのなら、
私は「他の人からは愛情をもらわない。」と。
その男の子は「自分からの愛情だけを受け取るように」と。


そこまで見た時点で、私はもうこの石を捨ててしまいたいと思う気持ちと、
どうしても捨てれないという気持ちになりました。
相手の男の子は、自分の愛情がそんなに負担になるとは
思ってなかったので、それが無い方が私が楽になるのは
分かるけど、はずしてほしくない感じでした。
私のほうも、この約束があれば、またその人に会えるから、
と踏ん切りがつきませんでした。



そこで、その石がなくなったら、どんな感じなのかを
見るように誘導されました。
もし、この石がなくなったら。
他から愛情をもらっても、その男の子に対して
罪悪感を感じなくなるだろうと思いました。
愛情をもらうことに、いつも罪悪感を感じていたようです。
でも、自分では、はずしたいけど、はずせない。
他の人にもさわらせたくない感じでした。


なので、ハイヤーセルフ(高次の自己)にとってもらうことにしました。
ものすごく大きな人で、足しか見えない感じでした(笑)
で、あっさりと、簡単にその石をはずしてもらって、
その石の中に、ピンクの小さなハートが入っていたので、
返してもらいました。



でも、その石をはずしたことで、
その男の子をおいてきぼりにしたような感じで、
すごく気になりました。
でも、その男の子は少し複雑そうでしたが、
よかったという安心した表情で「またね」といって消えました。
そのロックがなくっても、また会えるときには
会えるみたいです。


今回はこんな感じのヒプノでした。
その「約束」っていうものが、
こんなに長いことひっぱっていたのかあ、と
すごく興味深く見てしまいました。
それから、自分のなかの変化ですが、
少しですが、人との距離を近づけてもいいんだな、と
思えるようになったかな?
あ、それと、自分だけが悪いんじゃないという感覚になりました。
「自分が楽しく話しをしないから悪い」のではなくって、
「相手も楽しく話しをしてくれなかった」というのを
冷静に見れるようになった感じです。
人間関係がうまくいかないのは、
全部自分に責任があるように思っていましたが、
相手がそうしたくない場合もあるんだろう、と。







ヒプノセラピー(前世療法)体験者より

  テーマ:なぜ肩がこるのか (注:テーマを決めて頂くかどうかは自由です)


  具体的な内容

    
初めは、目の前が真っ暗でした。何だかこわい感じがしました。少し経つと、夜の海の上にいるような

   感じがして、私は大きい船の甲板にいました。自分は昔の日本人で、 男性のようです。海をのぞいていて、

   落ちそうな気がした後、本当に落ちてしまいました。  


    場面が変わると、7、8歳のその男の子(自分)が魚市場に立っていました。

   風景は、うっすらと見 える感じです。騒がしい人々の中、魚もいっぱいで、そんな様子を、少し恐いと

   思っています。一人でいるか、祖父のような人に連れられているかですが、それははっきりと分かりません。  
  

    次の場面では、魚の入った箱などを運んで働く青年(自分)がいました。14、5歳になっているようです。

   仕事は、好きでも嫌いでもないけれど、ちょっと疲れています。小さい女の子が自分の周りをうろうろと

    しています。妹みたいです。  


    かなり大人になり、昼間、鵜飼いか何かをしています。鵜の調教をしているようで す。川の上で

    気持ちがいいです。河原にやはり妹らしい女の子がいて、こっちに手を振っています。私はかわいいな

    と思っています。

 

    
初めの場面の続きかもしれませんが、船から海へ落ちて、浮かんできて、木片につかまっています。

   陸が見えていて、意外と冷静に泳いで帰ります。先輩のような人達に、いたずらをされて落とされた

   ようです。自分でも笑っています。びっくりしたけど、まあいいか、といった感じです。港に着くと、

   母親のような人が来ていて、「もう一人 前だねえ」と言いました。妹もいます。

   これから漁にでも出かけるようです。海へ落とされたのは、その度胸だめしみたいなものだったらしいです。

   なんだか誇らしい気分です。


    年をとった場面です。漁師の親分みたいになった男性(私)は、宴会を開いています。若い人達や子ども

    や孫もいて、にぎやかです。妹も漁師と結婚して、夫婦で参加しています。私は、子分などがたくさんいて

   大変だと思いながらも、楽しくて幸せな感じです。  


    臨終の時らしく、みんなが集まって泣いています。妻が「私もそのうちいくからね」 と言っていて、自分は

    それほど悲しくはありません。みんなに感謝して、安らかな気 持ちです。

    人の上に立つ人生も悪くないなと思っています。



その人生を振り返って

   
よく働いたと思いました。学んだことは、強くなること、また、人にいろいろとしてあげるのは楽しいという

  ことです。

  よかった点は、充実した一生だったということ。 ややマイナスのこととしては、若い人や家族の一人一人の

  気持ちをあまり考えなかった点です。全体として、あまり何も気にしていなかった感じです。 能力的な部分

  では、この人生で手先が器用になった気がします。網の手入れをしたり して。大勢の人を取り仕切る能力も

  身についたと思います。 もともと持っていた才能 としては、性格がとにかく前向きでした。泳ぐなどの運動

  神経もよかったみたいです。

  やり残したと感じることは、特にありません。



今に影響していること、また気づいたこと

  
 この人生の人物は、今の自分とは正反対の人です。今まで経験したことのないような立場で、

   立場が変わると感じることまで全然違うのだと驚きました。今の私は、集団が苦手 で、一人一人の

  人間とじっくり接するのが好きなのです。この人生の反動で、こんな性格になったのかもしれません。



その人物(漁師の男性)からのメッセージ

  
 もっとやりたいようにやりなさい。もっと、堂々としなさい。 もっと、のびのびとしないから「肩がこる」のだ。

  そんなに、周りの人は自分のこと を厳しく見ているわけではない。どちらかというと、「ちゃんとすること」で

  人に好かれるのではなく、「自由にのびのびとすること」で、人から愛されればいい。私のかわいい

  妹のように。 とにかく、思うようにやったらいい。キーワードは「明るさ」。



その人(漁師の男性)にやらせてあげたいこと

   
昼寝。イメージの中で、彼はグーグー眠っています。疲れているんですね。


セラピーの感想

  
 私の場合、過去のトラウマなどではなく、今、人に気を遣い過ぎているのが原因で 「肩がこる」ようです。

   あの漁師さんのように前向きなキャラクターの人は、見たことはありますが、自分で体感してみると、

   意外なことも多かったです。今の私は、のんびりした性格なので、 よく働く人を見ると「大変そう」とか

  「申し訳ない」とばかり感じていました。それに、人の上に立つなんて、ストレスばかりで、自分にはとても

  できないと思っていました。しかし、案外、本人は楽しんでいる場合もあるのですね。

    みんながみんな、私のように一人一人の人目を気にしているわけではなく、もっとアバウトに生きても、

   幸せな人生を全うすることができるということを知って、勉強になりました。これまでの暗い自分が、

   何となくバカバカしい感じもして、楽にはなりました。

    その後、肩こりが全くなくなったということはありません。でも、時々、あのセラ ピーの時のイメージが

   よみがえってきて、ふっと肩の力が抜けることがあります。実は、あの漁師さんのような親分肌の人は、

   どちらかというと私の苦手なタイプだったのですが、自分もそういう人間だったという感じになると、

   自然と見方も変わります。

    今までは、理解できない別人という印象だった人にも、親しみというか、縁のようなものを感じるように

   なりました。そういった意味でも、人との壁を薄くして、気楽な人間関係をつくっていくきっかけをもらった

   と思います。  
(30代 女性 自由業)


*貴重な体験談の掲載をご承諾いただいた方々に心よりお礼申し上げます。 この他にも、

  気持ちが軽くなった、楽になった…等の嬉しいお声を聞かせて下さった皆様に、深く感謝申し上げます。


このページのトップへ戻る


TOP
メニューご案内 料金のご案内 プロフィール 体験者の声 よくあるご質問
場所とお問い合わせ先